2011年12月10日

レジスターで何ができる?

現金管理・売上管理、商品管理ができます。

お客様の支払い方法を予測することはできません。お支払いは現金、カード、金券など様々です。現金と金券、分割カード支払いを提示されることもあります。レジでは全てをスピーディにこなす必要があります。

「終わり良ければすべて良し」ではありませんが、精算に手間取っているとお店の評判にも関わってくることがあります。なにより、待つことにイライラが募ってきます。

その日の売上集計も正確に把握できます。

商品管理にも関わりますが、売れ筋の商品等の把握をすることで、翌日以降の仕入れも検討することができるでしょう。そうすれば売上のアップも見込めます。
posted by 河内山 at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

何故レジスターは必要なの?

ご来店いただいたお客さまと、一番会話をする場面はどんな時でしょうか?ご来店いただいたときでしょうか。迷われている時の商品説明でしょうか。それともご注文いただいたときでしょうか。

物販・サービスのお店、飲食店で一番多くお客様と接する場は売買・サービスを精算するときです。

現金の授受だけではすみません。正確な現金の扱い、スピードが要求されます。

お客様によってはいろいろな気遣いも必要となります。

現金のお客さんもいらっしゃれば、カードを使う方、お買い物券やその他サービス券・・・ときどきわけわかんなくなります。しかし、どれも間違うことなく扱わなくてはなりません。

正確に、スムースに処理をするためにレジスターが必要となります。
posted by 河内山 at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

レジスターとは

日本語で言えば金銭登録器。レジとも呼びます。スーパーマーケット・デパート・飲食店などでは、金銭登録器を備えて客からの支払いを受ける場所を示すこともあります。

混雑してくると店員さんが「誰かレジお願いします」とヘルプを要請することありますよね。

精算をする場ですからとても重要な場所。レジスターの品質も重要ですし、操作する者の熟練度も大切です。

操作ひとつがお店の評判に関わることがあります。それは、打ち間違いの処理で時間がかかること。間違いは仕方ないですが、待たされると二度といきたくなります。
posted by 河内山 at 15:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。